GeolShop.com ログイン  会員登録  買い物カゴ
5000円以上のお買いあげで送料・払込手数料無料!
お買いあげ毎に5〜10%ポイント還元される無料会員募集中。
Star Eyes
ホーム マイページ 基礎化粧品 美容液・化粧水 健康食品 化粧品 お風呂用品 ギフト MEN'S
ちはるのメイクアップ

メイクのお悩みカバー法 眉編

洗練された眉は顔を引き締め、知性さえも感じることがあります。しかし、メイクアップの悩みで、眉を描くのが難しいという声をよく耳にします。眉は人それぞれ形や毛の生え方、眉弓筋(眉のある部分の筋肉)の動き方が違うので、みんなが同じように描けば良いという訳ではありません。

人それぞれの眉の形などを生かしながら、整えて描いていきます。そのためにまず、しなければならない事はご自分の眉の形、動き方などを鏡でよく観察することです。止まったままの顔ではなく、表情を変えた時にどういう風に動くかもチェックすることが必要です。

眉について最もよく聞く悩みは、左右のバランスが合わないということです。長さが違う場合は、眉頭側が足りないのか、眉尻側が足りないのかを見て、足していけば良いのですが、上がっていたり、下がっでいるのは、少しだけテクニックが必要です。上がっている方は眉のラインより少し下に色を足していき、下がっている方は上に色を足していくことで、左右のバランスが良くなります。


   

  では、色々な眉について、整え方と描き方を説明していきます。まず、太すぎる眉の場合は、自分が描きたい眉の形の外枠をアイブローカートリッジ(ブラウン)で描き、はみ出した部分の毛を抜くかカットします。そして、外枠はぼかし、眉尻や途中の毛が足りない部分に色を足して、全体的にぼかします。

まばらで薄い眉の場合は、できるだけ眉毛を残したいと思われがちですが、いらない部分の毛は抜くかカットしてください。そうすることで、眉の形がはっきりし、キレイに描くことができます。描き方は全体的にアイブローカートリッジ(ブラウン)かモレスカラーの202番を使って薄めに形を描き、眉毛の特に少ない部分をアイブローカートリッジのグレーで描き、ぼかしてなじませます。

下がり眉の場合ですが、このタイプの方は眉頭より眉尻が下がっているので、眉尻の毛を抜いたり、カットして処理します。そして、描くときは眉頭を少し下げて描き、眉山の高さを少し上にもっていき、眉尻は自然に落とします。眉は時代とともに形や太さなどもっとも変化のある部分なので、雑誌などで流行を取り入れながら、自分らしい眉の形をみつけてください。


GeolShop.comは(資)イショップスの運営する、ゲオール化粧品の販売店です。
© Copyright ishops Co., LTD. All Rights Reserved.