GeolShop.com ログイン  会員登録  買い物カゴ
5000円以上のお買いあげで送料・払込手数料無料!
お買いあげ毎に5〜10%ポイント還元される無料会員募集中。
Star Eyes
ホーム マイページ 基礎化粧品 美容液・化粧水 健康食品 化粧品 お風呂用品 ギフト MEN'S
ちはるのメイクアップ

目の錯覚と印象2

今回は、色や質感がメイクに与える影響やイメージについて書かせていただきます。まず、色にはそれぞれイメージというものが存在します。例えば、手を洗う時に、赤い蛇口と青い蛇口があれば、無意識に赤い方はお湯で青い方は水だと思い込んでいませんか。そうです。赤という色には、「情熱・活動的」など熱いものを感じさせるイメージがあります。それに対し、青には「涼しい・落ち着き」など冷たいと感じさせるイメージがあります。

そして、メイクをする上でその(色の性質)(色のトーン)が必要不可欠となります。同じ赤を使うのでも、トーンが薄い赤と濃い赤とではイメージが全く違ってきます。薄いトーン(パールトーン)を使えば、ソフトで甘いイメージがでるのに対し、濃いトーン(ディープトーン)の場合は深みがでて、シックなイメージになります。

例えば、メイクアップの組み合わせを、トーンだけのイメージで言うと、《淡いアイシャドウ+淡いリップ》の組み合わせは、ソフトでピュアな感じを表現し、《濃いアイシャドウ+淡いリップ》の場合は洗練された感じを、《濃いアイシャドウ+濃いリップ》だとセクシーな感じを、《淡いアイシャドウ+濃いリップ》だと知的なイメージづくりができます。

そして色の系統の組み合わせ方では、アイポイントとリップポイントを同色系にした場合、落ち着いて上品なイメージを出すことができ、反対色の組み合わせにすると、スポーティーではっきりした感じをだすことができます。

ですから、《色本来が持つイメージ》+《トーンのイメージ》で表現が変わってくるのです。それからもう一つ、メイクアップに重要な要素となるのが質感です。ファンデーションやアイシャドウ、リップポイントなどの質感は、ツヤのある感じに仕上げると、上品で落ち着いた大人のイメージを出すことができます。そして、パール感の強いメイクに仕上げると、明るくて可愛らしいイメージになります。

前回書かせていただいた《線》や《形》、《バランス》と、今回書かせていただいた《色》《トーン》《組み合わせ方》《質感》など、このすべてが合わさった時にメイクアップのイメージができるのです。


GeolShop.comは(資)イショップスの運営する、ゲオール化粧品の販売店です。
© Copyright ishops Co., LTD. All Rights Reserved.