GeolShop.com ログイン  会員登録  買い物カゴ
5000円以上のお買いあげで送料・払込手数料無料!
お買いあげ毎に5〜10%ポイント還元される無料会員募集中。
Star Eyes
ホーム マイページ 基礎化粧品 美容液・化粧水 健康食品 化粧品 お風呂用品 ギフト MEN'S
5歳は若く見られたい

日焼けで痛んだ肌には?

☆ 唇や髪、頭皮にも忘れずに ☆

関東地方は、連日真夏日が続いています。先日プールサイドでの気温は、なんと49℃にも昇りました。
日焼けは、なにも皮膚だけではありません。唇や髪、頭皮にも日焼けするのです。
頭皮や髪の毛は帽子や日傘で紫外線をシャットアウト。唇には、UV効果のあるリップクリームをぬりましょう。


☆ 顔が熱い時には、とにかく冷やす ☆

日焼けのしすぎで、顔が熱くてヒリヒリと痛む場合は、もう火傷に近い状況です。
こんな時は、化粧品をあれこれ使ってケアしても、かえって症状が悪くなるだけです。こんな時は、とにかく冷やす事。
氷をいれた冷水の中に浸して十分ひやしたガーゼか、又は氷をガーゼに直接くるんで肌に当ててクールダウンするとよいでしょう。


☆日焼けで痛んだ肌には塩と紅茶を☆

塩と紅茶を使って、日焼けの炎症を鎮めるトリートメント剤を簡単に作ってみましょう。 
 1)沸騰した湯(2カップ)に紅茶のティバックを2つ入れて、そのまま30分間抽出。
 2)冷めたところでティバックを取り出して、そこに水1カップと大さじ1杯の塩を加えるとできあがりです。
 3)その中にタオルやガーゼを浸して、日ぶくれになった患部に広げて当て、そのまま15分。

 紅茶は皮膚のただれを回復してくれるし、塩は日ぶくれの炎症を抑える効果があります。
 肌のほてりがひくまで、根気よく何回も繰り返しましょう。



GeolShop.comは(資)イショップスの運営する、ゲオール化粧品の販売店です。
© Copyright ishops Co., LTD. All Rights Reserved.