GeolShop.com ログイン  会員登録  買い物カゴ
5000円以上のお買いあげで送料・払込手数料無料!
お買いあげ毎に5〜10%ポイント還元される無料会員募集中。
Star Eyes
ホーム マイページ 基礎化粧品 美容液・化粧水 健康食品 化粧品 お風呂用品 ギフト MEN'S
ちはるのメイクアップ

ちはるのメークアップ(応用編5)

メイクアッブの中で、一番難しいと言われる眉ですが、基本的な位置、描き方、ぼかし方等のテクニックを理解して繰り返し練習すれば、思い通りの眉を描くことができます。まず、描く位置ですが、ゲオールの総合力タログ(GeolCollection)で紹介されています「理想的な眉のプロポーション」を参考にしていただき、できるだけ近づけるように描いていきます。

描き方はまず眉山から眉尻へのラインを描き、次に眉山から眉頭へ色を足していきます。眉頭から描くと眉の印象が強くなりすぎて、全体にきつい顔になるので、気をつけてください。

アイブローカートリッジパウダーアイブロー(もしくはモレスカラー201(ブラウン系)401(グレー)系 801(ゴールド系))を使うとより自然な眉になります。最初はパウダーアイブローをブラシに取って描き、足りない部分や隙間をアイブローカートリッジで埋めていくと、色むらのない自然できれいな眉を描くことができます。

最近は眉カットされている方が多いので眉山から眉尻にかけての毛がなかったり、薄くなっている方がいらつしやいます。その場合は眉全体をアイブローカートリッジのブラウンで描き、眉毛のない部分、又は薄い部分にアイブローのグレーを足していきます。そうすると、眉毛のしっかりしているところと、薄いところの差がなくなり、全体に同じような色味が均一化され、自然な眉に仕上がるのでお試しください。

そして、スクリユーブラシ又は眉コームで、アウトラインを中心に眉を軽くぼかします。もし、アウトラインがはみだした場合は、綿棒で取って形を整えます。
最後に鏡を見て、余分な毛や長い毛があれば毛抜きやカットばさみで処理します。

もう一つポイントとして、左右の眉のバランスがうまくとれないという方は、得意な方から描いていくことが多いので、苦手な方から描いていって、得意な方で合わせるというように、描く順番を逆にすることで、思い通りの眉に仕上がります。



GeolShop.comは(資)イショップスの運営する、ゲオール化粧品の販売店です。
© Copyright ishops Co., LTD. All Rights Reserved.